ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

学園のご案内

閉じる

杉野学園の歴史

閉じる

学校法人杉野学園奨学金募金事業

日本のファッション力研究講座

ファッションビジネス学会

全国ファッションデザインコンテスト

ギャラリー運営

閉じる

情報公開

閉じる

杉野学園が運営する学校・施設

閉じる
HOME  >  情報公開  >  教育情報の公表

情報公開

教育情報の公表

学校法人杉野学園 教育情報の公表 ―平成28年7月1日現在―

学校教育法施行規則等の一部を改正する省令の施行に基づき、本法人の運営や教育研究等の状況を公表しています。

1.学校法人の概要

(1)建学の理念・精神

(2)杉野学園の歴史

(3)設置学校

所在地 学校名 代表者名
〒141-8651 東京都品川区上大崎4-6-19 学校法人 杉野学園 理事長 中村 賢二郎
〒141-8652 東京都品川区上大崎4-6-19 杉野服飾大学 学 長 中村 賢二郎
〒141-8652 東京都品川区上大崎4-6-19 杉野服飾大学短期大学部 学 長 中村 賢二郎
〒141-8651 東京都品川区上大崎4-6-19 ドレスメーカー学院 院 長 布矢 千春
〒191-0033 東京都日野市百草1006番 杉野幼稚園 園 長 荻島 泰子

(4)役員及び教職員数

役 員 教職員 本部 杉野服飾大学 杉野服飾大学
短期大学部
ドレスメーカー学院 杉野幼稚園
理 事 9名 教員 常勤 48名 8名 12名 5名
評議員 22名 非常勤 60名 38名 10名 2名
監 事 2名 職員 3名 43名 6名 9名 7名

杉野学園組織図

2.事業の概要

(1)杉野学園事業概要

(2)教育研究の概要
[1]教育研究上の基本組織に関すること

学校名 学 部 学 科
杉野服飾大学 大学院 造形研究科 造形専攻
ファッションデザイン専攻科
服飾学部 服飾学科
杉野服飾大学短期大学部 服飾学科

[2]教員数並びに教員の保有学位、業績に関すること

学校名 学部 学科 教員数
杉野服飾大学 服飾学部 服飾学科 学長 1名
教 授 17名
准教授 7名
講 師 5名
助 教 7名
助 手 11名
合 計 48名

大学 教員の保有学位・業績等
年齢別及び男女別教員数

学校名 学部 学科 教員数
杉野服飾大学短期大学部 服飾学科 教 授 3名
准教授 2名
講 師 1名
助 教 1名
助 手 1名
合 計 8名

短大 教員の保有学位・業績等
年齢別及び男女別教員数

[3]学生に関する情報
入学に関する基本的な方針、入学者数、収容定員、在学者数、卒業者数、進学者数、就職者数及び卒業後の進路に関すること

校名 学部学科 入学者数 収容定員 在学者数 卒業者数(学位授与数) 進学者数
杉野服飾大学 服飾学部 164名 1020名 714名 162名 11名
①教員1人当たり学生数 ②収容定員充足率
14.88人 70.00%
■大学 教育のポリシー 
就職希望者 就職者数 就職率
129名 79.62% 129名 100%
■主な就職先一覧
杉野服飾大学
短期大学部
服飾学科 51名 100名 91名 38名 3名
①教員1人当たり学生数 ②収容定員充足率
11.38人 91.0%
■短大 教育のポリシー 
就職希望者 就職者数 就職率
35名 92.11% 35名 100%
■主な就職先一覧

[4] 教育課程に関する情報

大学 授業計画・授業内容
短大 授業計画・授業内容

■大学の主要科目の特長
■短大の主要科目の特長

[5] 学修の成果に係る評価及び卒業の認定に当たっての基準に関すること

大学等 学部・研究科等 修業年限 必要修得単位数 科目区分ごとの修得単位数 修得可能な学位及び専攻名称
必修 選択
杉野服飾大学 服飾学部 4年 124単位 コースによって82~85単位 コースによって39 ~42単位 学士(服飾)
杉野服飾大学短期大学部 服飾学科 2年 62単位 37単位 25単位 短期大学士(服飾)

[6] 校地、校舎など施設及び設備その他学習環境に関すること

大学等 キャンパス 所在地 主な交通手段
杉野服飾大学

杉野服飾大学
短期大学部
目黒
キャンパス
東京都品川区上大崎4-6-19 JR山手線・南北線・三田線
目黒駅下車徒歩3分
【キャンパスの概要】
目黒駅から徒歩3分の場所に位置し、ドレメ通りと一体になって広がっており、通り沿いには校舎のほか体育館、衣裳博物館、図書館、学生寮、ギャラリーなどが連なっています。敷地内には、ファッションショー、式典などイベント機能を備える施設「SUGINO HALL」があります。2012年~2013年には本校舎、第3校舎、第5校舎の耐震工事を実施し、同時に第3校舎の前庭も学生が憩いやすい環境に整備しました。
【運動施設の概要】
ドレメ通りにある体育館では体育の授業のほか課外活動でも使用しています。
日野
キャンパス
東京都日野市百草1006-44 京王線高幡不動駅下車
京王バス『百草団地行き』
百草センター下車徒歩7分
【キャンパスの概要】
多摩の広大な丘陵の一角にあり、校舎のほか写真やビデオなど映像制作用の設備・機材を完備した最先端のスタジオや、天井高さ6メートルの工房、テニスコート、日野グラウンドなどがあり開放的なキャンパスです。

キャンパス概要・交通のご案内

施設設備紹介

課外活動の紹介

⑦授業料・入学金その他費用、利用できる授業料減免に関すること 
学費について

【授業料減免制度の概要】 対象学生 減免率
私費外国人留学生 年間授業料の30%

⑧学生支援と奨学金に関する情報
<学生支援組織>

部署名 組織名 機能
就職支援 就職部 就職部では、長年にわたりファッション業界に多くの人材を送り出してきたキャリアと実績を活かし、専門のスタッフがきめ細かいアドバイスを行っています。大学3年次、短大1年次の6月頃より「就職ガイダンス」「就職試験対策」「面接指導」など全13回実施し、2月にはアパレル企業十数社を学内に招いて、学生が企業の方より求人説明を直接受けることができる合同企業説明会を実施しています。就職部内にはパソコンが12台設置されており、学生がWEB上からも求人を検索できるようWEB求人票システムを導入するなど環境を整え、就職活動をサポートしています。 ■就職情報
履修支援 教務部 1.学籍に関することでは、長期履修生・科目履修生・単位互換履修生・編入生・研究生制度を運用しています。
2.カリキュラムに関することでは、初年次教育の一環として導入教育(服飾教育)の補習期間やTAを活用したサポート教育を設定して学習の促進を図っています。
3.履修指導については、新入生にはファーストステップIN目黒プログラムの中で、在校生には2月初旬に相当数の時間をかけて指導し、また日常においても教務課フロントでフェースTOフェースの対応をしています。その他、課程履修・教材、教具・情報機器の管理・ロッカー・証明書・旅行など学生生活の支援を行っています。
■試験・履修 
生活支援
(住居、アルバイト等)
学生部 遠隔地からの学生のために、校舎より2〜3分の場所に学生寮が2棟あります。学生会館「北桜」は31室、「夕陽ヶ丘」は26室あり、全室個室で、大学、短大、専門学校の学生が混在しています。その他民間の不動産会社数社と提携して、安価で学生会館、アパートを紹介しています。
アルバイトはナジック・アイ・サポートを利用して学生に適したアルバイトを紹介しています。
■学生寮のご案内
経済支援 学生部 奨学金の紹介のほかに入学金や授業料などの納付のための学費クレジット制度として、「本学提携学費サポート」を利用することができます。学費クレジット利用者で成績優秀者には、年額5万円を上限に利子分を給付する利子補給奨学金制度を設けています。また、教育のために必要な資金を融資する「国の教育ローン」(日本政策金融公庫)も紹介しています。平成26年度には、新入生のための奨学金制度として「同窓生特別免除制度」「杉野学園新入生奨学金」「全国ファッションデザインコンテスト奨励金」を設けました。 ■奨学金のご案内
保健・衛生・メンタルヘルス等 学生部 <1>医務室
 看護師1人が常駐し、日常的な健康管理や応急手当に従事しています。状況により病院への搬送、専門医や学生相談室への紹介を行っています。4月のオリエンテーション期間には全学生対象に胸部レントゲンを含む定期健康診断を実施し、診断結果に基づき個別に指導をしています。医務室にはベッドが3床用意されています。

<2>学生相談室
臨床心理学が専門で、臨床心理士の資格を持つ心理学担当の専任教員がカウンセラーとして、学生の様々な悩みの相談に応じています。相談は予約制ですが、電話あるいはメールでも相談できます。

<3>健康相談
 24時間電話健康相談が無料で受けられる「杉野学園ヘルスサポートセンター」を設けています。保護者の方も利用できます。健康相談から医療機関情報まで様々な相談に応じます。

<4>AEDの設置
本校舎ロビー及び体育館に設置しています。

奨学金に関する情報について

杉野学園独自の奨学金 平成26年度実績

種類 要件 金額 対象学年 27年実績
杉野学園奨学金 経済的困難で学業優秀者 年額
20万給付
大学1年~4年 5名
短大1年~2年 2名
杉野学園緊急時奨学金 突然の災害などにより経済的困難になった者 年額
20万給付
大学1年~4年 0名
短大1年~2年 0名
利子補給奨学金 本学指定の学費クレジット利用者で人物・成績ともに優れた者 上限5万円とする利子相当額。 大学1年~4年 4名
短大1年~2年 0名
杉野学園新入生奨学金 本学に入学する者のうち、経済的に困難で人物成績ともに優れた者 入学金全学免除 大学 13名
短大 5名
同窓生特別免除制度 杉野学園(杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部・ドレスメーカー学院)の卒業生・在学生の親族で本学に入学を希望する者 選考料免除 大学 11名
短大 2名
全国ファッションデザインコンテスト奨励金 杉野学園主催の全国ファッションデザインコンテスト高校生の部において優秀な成績を収めた者 入学金全学免除 大学 0名
短大 0名

日本学生支援機構奨学金貸与者数(平成28年7月1日現在)

大学 大学院 短大
第一種 54名 2名 10名
第二種 163名 1名 30名
併用 15名 1名 3名

(3)管理運営の概要
①自己点検・評価
杉野服飾大学は(財)日本高等教育評価機構による平成21年度大学機関別認証評価の結果、評価基準を満たしていると認定されました。また、杉野服飾大学短期大学部も(財)短期大学基準協会による平成21年度第三者評価の結果、適格と認定されました。認証期間はそれぞれ7年間です。

大学機関別認証評価
短大第三者評価

②国際交流の概要 
国際交流
外国人留学生受け入れ状況(平成28年度7月1日現在)

中華人民共和国 台湾 大韓民国 ミャンマー
国 費 大学
短大
私 費 大学 47名 2名 3名 1名
短大 1名
合 計 47名 2名 3名 2名

*海外の大学との交流協定締結及び海外研修の状況
杉野服飾大学では国境を越えて活躍できるクリエーターの育成を視野に入れ、ロシアや中国の名門教育機関と提携した国際交流を推進しています。また、各国への海外研修をはじめとする教育プログラムを導入し、国際的な感性を身につけるチャンスを数多く取り入れています。

③交流協定校

締結大学 国・地域 協定内容 締結年月
浙江理工大学 中華人民共和国 学術・学生交流 2000年4月
モスクワ国立デザイン技術大学 ロシア 学術・学生交流 2002年4月
浙江紡織服装職業技術学院 中華人民共和国 学術・学生交流 2008年12月

④海外研修【平成27年度実施状況】

プログラム名 開催期間 内容 参加人数
ベルギー・アントワープ研修旅行
6/10~15  6日間 ベルギー・アントワープ王立アカデミーの卒業制作ファッションショーを現地で見学 10名
夏期イギリス短期留学プログラム 8/8~23  16日間 イギリスのボーンマス芸術大学においてブリテッシュファッションやそのサブカルチャーについて学ぶ 0名
夏期ロンドン語学研修プログラム 8/8~23  16日間 英語発祥の地イギリスにおいて伝統のクイーンズイングリッシュを学ぶ 2名
ニューヨーク研修旅行 3/2~7   6日間 アメリカニューヨークのニューヨーク州立ファッション工科大学「FIT」において世界のファッションを学ぶ 17名

⑤社会貢献活動

社会貢献内容
大 学 ・本学では学生が大学スタッフとしてオープンキャンパスに協力しています。学内案内や学生生活体験談などを紹介して高校生が身近に本学を知ることができるように活躍しています。
・学生自治会では、毎年大学祭で行う模擬店での売り上げを日本赤十字社を通じて国内で発生した自然災害の被災地に寄付しています。
地域連携のひとつとして、本学は目黒区が後援する目黒商工まつり「目黒リバーサイドフェスティバル」に毎年ボランティアスタッフとして、目黒区で実施しているごみゼロキャンペーンイベントに参加しています。
品川区と目黒区や大田区の中学生、高校生を対象にものづくりセミナーや服作りのセミナーを開催して、地域との連携を図っています。
短 大 本学では、「社会貢献プログラム」を2年生の必修科目として地域社会をフィールドとした様々な取り組を行っています。毎年目黒リバーサイドフェスティバルに参加して、大人から子供まで楽しめるワークショップ等地域社会と連携して服飾を学ぶ学生としてできることを実施しています。また、地域の子供たちと交流活動も行っています。

⑥産官学連携・大学間連携

産官学連携
大 学 本学ではファッション関連企業や地域社会と連携による授業を積極的に導入しています。株式会社シップス、東武百貨店、ユミカツラインターナショナルほか数多くの企業の協力を得て、産学協同プロジェクトを実施しています。

3.財務の概要

(1) 財務公開

4.大学院情報

(1)平成24年4月より杉野服飾大学に大学院を設置しました。

造形研究科 造形専攻 
修士課程
学位:修士(造形) 
入学定員 10名
本大学院は「衣」を題材とした美術造形研究を行い、自らの創意によって「衣」の形態を創出する「衣服の造形作家」の育成を目指します。
創りだすものはあくまでも「衣」の形態ですが、そのための構想力、構成力、技術力、表現力は美術造形研究の場で培っていきます。
美術的な造形に関心と意欲をもった方々に「衣」の創造の世界へと踏み出していただきたいと考えています。
平成25年度は第2年次の教育研究を推進し、平成26年3月には最初の修了生を出し、修士(造形)の学位を授与しました。



■大学院ホームページ
設置の趣旨等を記載した書類PDFファイル(1366KB)
平成24年 設置計画履行状況報告書(抜粋) PDFファイル(2644KB)
平成25年 設置計画履行状況報告書(抜粋)PDFファイル(1175KB)
平成26年【認可】 留意事項実施状況報告(抜粋)PDFファイル(5282KB)
平成27年【認可】 改善意見等対応状況報告書PDFファイル(516KB)
授業科目の概要PDFファイル(180KB)
教育課程等の概要PDFファイル(98KB)

To top of this page